top of page
検索

食後の疲労・集中力低下・頭痛を解消!食後30分の運動がカギ

食事の後に不調を感じる・・・

疲れを感じる

なんだか頭がぼんやりして集中できない

頭痛に悩まされたりする


ことはありませんか?


そんな時、食後30分以内にちょっとした運動をすることで、これらの不快な症状が驚くほど改善するかもしれません。



食後のモヤモヤ、その原因は?

まずは、なぜ食後にこんなにも体調が崩れやすいのか、その理由から探ってみましょう。


実は、これらの症状は食事によって血糖値が急激に上がり、その後急激に下がることで起こります。


特に、甘いものやご飯、パンのような炭水化物をたくさん食べた後によく起こります。


体は血糖値を下げようとしてインスリンを大量に出し、その結果、体力を消耗してしまい疲れやすくなるんですね。



解決策は身近にある!

でも、心配無用です。

食後に少し体を動かすだけで、血糖値の上昇を穏やかにし、その結果、疲れにくくなったり、頭のモヤモヤが晴れたりします。


運動と言っても、汗をかくようなハードなものでなくて大丈夫


例えば、こんな活動がおすすめです:

  • 散歩:食後、30分ほどゆっくり歩くだけでOK。    気分もリフレッシュできますよ。

  • ストレッチ:体をゆっくり伸ばして、血流を良くしましょう。       デスクワークで固まった体もほぐれます。


  • 軽い家事食後の片付けやちょっとした掃除をするのもいい運動になります。      気になっていた場所をピカピカにして、心もスッキリさせちゃいましょう。



まとめ

食後に感じる体の不調を放っておくと、日々の生活に支障をきたすことも。


でも、食後30分以内にちょっとした運動をするだけで、疲れにくくなったり、集中力が戻ったりするなんて、ちょっと試してみる価値はありそうですよね。


こんな簡単なことから始めて、食後の時間をもっと快適に過ごしましょう。


あなたの日常が少しでも楽しく、快適になれば嬉しいです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

紅麹:自然の恵みか、潜在的なリスクか?

紅麹(ベニコウジ)は、発酵食品の一種で、お米に特定のカビを生やして作られます。 古くからアジアの食文化に根ざし、その健康効果が注目されている一方で、 最近では小林製薬が紅麹に関する商品を回収するといったニュースが流れています。 この問題が発覚したのが2024年1月、発表されたのが2024年3月と 2ヶ月のタイムラグがあったことにも注目が集まっています。 健康への神秘的な力 紅麹にはモナコリンKとい

Comments


bottom of page