top of page
検索

行ってはいけないジムの特徴

ジムを選ぶ際には、特に注意すべきいくつかの警告サインがあります。

当店に来られた方の話された内容を中心に避けるべきジムの特徴を挙げます。


また店舗経営者としても参考になったので、

実店舗でなにかのサービスを受ける予定の方は参考になるかも知れません。



1. 過度な広告

  • 強引なマーケティング: 広告をしすぎているジムは、実際のサービスの質よりもマーケティングに重点を置いている可能性があります。過度な宣伝や誇大広告には注意が必要です。また広告宣伝に費用をかけているジムは、当然ですが広告宣伝費がお客様の払う費用に乗せられています。

2. 追加費用の多さ

  • 隠れたコスト: 入会後にさまざまな追加費用が発生するジムは、透明性に欠け、予期せぬ出費を強いる可能性があります。

  • 1点目は、プロテイン以外のサプリメントを大量に勧めてくる場合です。

  • 2点目は、高額なプロテインを勧めてくる場合です。多くの方はホエイプロテインで十分です。

3. 予約の取りづらさ

  • アクセスの難しさ: 予約が取りにくい、または常に混雑しているジムは、継続して通うことが難しい可能性があります。

4. 通い放題プランの問題

  • 過剰なプラン: 通い放題プランが提供されているジムは、一見魅力的に見えますが、実際には過密スケジュールや設備の不足につながることがあります。

結論

ジムを選ぶ際には、過度な広告、追加費用の多さ、予約の取りづらさ、通い放題プランの実態などを慎重に検討することが重要です。これらの要素は、ジムのサービスの質や顧客満足度に直接影響を与えます。

ジム選びでは、これらの警告サインに注意し、透明性が高く、信頼できるサービスを提供する施設を選ぶことが重要です。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page