top of page
検索

胸や肩周辺の筋肉を伸ばして肩や首のこりを解消筋トレ&ストレッチで 肩こりやそのほかのトラブルを回避

肩こりは多くの人々が経験する不快な症状の一つです。しかし、適切な筋トレとストレッチを行うことで、これらの症状を大幅に軽減することができます。

「縮みっぱなしの筋肉を伸ばすことを意識しよう」



どうして肩こりになるの?

肩こりの原因は多岐にわたりますが、長時間のデスクワークや不適切な姿勢、ストレスなどが主な要因とされています。



筋肉が縮むメカニズムを知り、肩こり予防の筋肉を鍛えよう
【筋肉のメカニズム】

筋肉は、過度なストレスや疲労、不適切な姿勢によって縮むことがあります。この縮んだ状態が続くと、筋肉の柔軟性が失われ、痛みやこりを引き起こす原因となります。



胸や肩の筋肉が低下すると肩こり以外にもトラブルが起こりやすい?

筋肉の低下は、肩こりだけでなく、首の痛みや頭痛、さらには背中の痛みなど、さまざまな体の不調を引き起こす可能性があります。



縮んだ筋肉を伸ばして肩こりを予防し姿勢もきれいに

●肩こりなどを引き起こす筋肉を意識して鍛えましょう

筋肉を鍛えることで、筋肉の柔軟性を保ち、縮みにくくすることができます。



次に紹介するトレーニングで肩こりを解消
  1. ダンベルシュラッグ:肩を上げて、ゆっくりと下げる動作を10回繰り返します。

  2. 胸のストレッチ:両手を背中に組み、胸を前に突き出すようにして5秒キープします。

100歳まで歩ける筋肉づくり

筋肉を鍛えることは、高齢になっても自分の足で歩くことができるための重要な要素です。日常の生活での小さな運動から始め、徐々に筋肉を鍛える習慣を身につけましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page