top of page
検索

糖質は本当に悪者なのか?④


高血糖は複雑な原因が絡み合っており、糖質制限アプローチだけでは限界があります。

にもかかわらず、糖質制限が高血糖の万能薬のように語られることがしばしばあります。


高血糖を引き起こす要因はさまざまであり、糖質の過剰摂取だけを原因と決めつけることは単純化しすぎです。


実際、高血糖はストレス、睡眠不足、遺伝的要因、運動不足など、他の多くのライフスタイル関連要因によっても引き起こされます。

これらの要素が相互に作用し合い、個々の血糖値に影響を与えることが分かっています。



糖質制限は一時的に血糖値を下げることができるかもしれませんが、これは短期的な対策であり、長期的な健康維持や基礎となる代謝問題の解決策としては不十分です。

根本的な生活習慣の変更、特にストレス管理や適切な運動、質の高い睡眠の確保などが、持続可能な血糖管理には不可欠です。


また、糖質を根本的な「悪」と見なす視点は問題の本質を見失いやすく、結果的に適切な健康管理や病気の予防、治療にならない可能性があります。


食事のバランス、特に各種栄養素の適切な比率が、健康的な体を維持するうえでの鍵となります。


この複雑さを理解することで、私たち消費者や患者は、糖質や炭水化物に関する情報に対してより批判的な目を持ち、科学的根拠に基づいた健康的な選択をする能力を高めることができます。


単純な方法や短期的な結果に惑わされることなく、長期的な健康に対する改善を強化することが重要です。


三軒茶屋 太子堂 パーソナルトレーニングジム AWSOME GYM(オーサムジム)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page