top of page
検索

糖質は本当に悪者なのか?③


近年の数十年間にわたり、糖質摂取と健康問題との間には大きな誤解があります。


近年の数十年間では糖質や炭水化物の総消費量は実際には減少しているものの、肥満率や糖尿病、心血管疾患などの生活習慣病が全世界で増加し続けています。


これは、糖質摂取量とこれらの健康問題との間に単純明快な因果関係が存在するという広く信じられている観念に疑問を投げかけています。

実際、この関係性は複雑で、多くの要因があると考えられています。


糖質制限ダイエットの効果に関する情報はしばしばメディアや個人の証言によって取り上げられます。

しかし。これらのダイエットの長期的な利点や効果については、十分に確立された科学的データが不足しています


短期間での体重減少や健康状態の改善を示す個々の事例が注目されがちですが、これらは全ての人々に当てはまるわけではなく、またこれらの効果が長期間にわたって持続するかどうかも明らかではありません。


更に、一部の科学的研究では、炭水化物の大幅な制限は、栄養不足や消化器問題、心臓病、さらには早期死亡のリスク増加につながる可能性が示されています。

これらの研究は、栄養素のバランスを考慮した食事の重要性を強調しており、糖質を過度に制限することが必ずしも健康的な方法とは限らないことをあらわしています。


三軒茶屋 太子堂 パーソナルトレーニングジム AWSOME GYM(オーサムジム)

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page