top of page
検索

糖質は本当に悪者なのか?②



糖質は、健康的な食事の重要な部分であり、特にのようないくつかの重要な器官や組織は、グルコースを主要なエネルギー源としています。


適度な量での糖質の摂取は、全体的な健康、エネルギー維持、身体機能のサポートに不可欠です。


しかし、過剰な糖質の摂取は、肥満、2型糖尿病、心臓病などの健康問題のリスクを高める可能性があるため、バランスの取れた摂取が重要です。


糖質や炭水化物は私たちの体が正常に機能するために必要なエネルギーを供給し、日々の活動を支えています。


これらの栄養素自体が積極的に私たちの体に害を及ぼすことはなく、その消費を適切に管理することが重要です。


にもかかわらず、インターネット上では自称健康専門家が糖質を「悪いもの」として強調し続けることで、多くの人々がこれを文字通りに受け取り、必要以上に糖質を恐れる風潮が生まれています。


これは、科学的な根拠に基づかない恐れや誤解を広め、人々の食生活や健康選択に混乱をもたらしています。


さらに、このような情報が流布することで、消費者は重要な栄養素を避けるようになり、結果的に食事のバランスが崩れたり、栄養不足に陥るリスクが生じています。


健全な栄養学の視点からは、糖質や炭水化物を一概に「悪玉」と見なすことには明確な根拠がなく、むしろ適度な摂取が全体的な健康に寄与するとされています。


三軒茶屋 太子堂 パーソナルトレーニングジム AWSOME GYM(オーサムジム)


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page