top of page
検索

糖質は本当に悪者なのか?①



近年、私たちの周りでは「糖質は体に悪い」というメッセージが急速に広がっています。

特にインターネット上では、糖質や炭水化物の摂取を制限することで健康が改善されるという広告が頻繁に目に付きます。

しかし、これらの主張の背後には、しっかりとした栄養学的基盤が存在していないことが多いのが現状です。


そもそも「糖質とはなんなのか?」がよくわからないまま、制限している。という例が多くみられます。

糖質とは、炭水化物を摂取した際に得ることができ、

炭水化物は分解され、ほぼカロリーがない食物繊維と、人間が活動のために必要なエネルギーの源となる糖質になります。


炭水化物は、糖質として体内に吸収され、最終的にはグルコース(血糖)に分解されます。

このグルコースは、体の細胞が活動するための主要なエネルギー源となります。

糖質には、いくつかの異なる形態があります:

  1. 単糖: 最も基本的な形の炭水化物で、グルコース(ブドウ糖)、フルクトース(果糖)、ガラクトース(乳糖の一部)などがあります。

  2. 二糖: 二つの単糖が結合してできており、一般的なものには、スクロース(テーブル糖)、ラクトース(乳糖)、マルトース(麦芽糖)などがあります。

  3. 多糖: 3つ以上の単糖が結合してできており、澱粉や繊維などがこれに該当します。これらは体内でゆっくりと分解され、エネルギーを長期間にわたって提供します。

三軒茶屋 太子堂 パーソナルトレーニングジム AWSOME GYM(オーサムジム)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page