top of page
検索

中毒性のある食品




昨今、食品の中毒性や嗜癖についての議論が増えてきました。


特に加工食品には、私たちが食べるのをやめられなくさせる成分や特性が含まれていると言われています。

そんな中、食品の嗜癖性を測るための新しい尺度「イェール食品中毒傾向尺度(YFAS)」が導入され、注目を浴びています。


驚くべきことに、新しい研究結果によれば、私たちの中で約14%の大人と12%の子どもがこの尺度の基準を満たすと指摘されています。これは、アルコールやタバコの依存度と同じくらいの数字とされています。

つまり「何らかの食品の中毒におちいっている」ということです。


特に問題とされているのは、砂糖や脂肪がたっぷりと含まれた超加工食品

これらは私たちの報酬系を強く刺激し、一度食べ始めると止められなくなることが多いのです。

さらに、これらの食品の過剰摂取は健康リスクを高めるとも言われています。


しかし、すぐにパニックになることなく、まだこの問題に関する研究は進行中です。

食品の嗜癖性についての明確な答えは出ていないため、情報を正確に受け取りながら、健全な食生活を心がけることが大切です。


これらの中毒にならないためには1つの手段として運動があります。

ただ食品を我慢するよりは「これを食べたら、運動をした意味がなくなる!!」

という考えを持つことで食べ過ぎを止めることができます。


このような新しい情報をキャッチしながら、より健康的な食生活のための知識を増やしていきたいものですね。


三軒茶屋 太子堂 パーソナルトレーニングジム AWSOME GYM(オーサムジム)

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page