top of page
検索

グルテンフリーは健康への近道、それともただのトレンド?


「グルテンフリー」を必ずしも健康に良い!または、流行である!と断言することはできません。合うかどうかは各個人によります


最近、スーパーマーケットやレストランで「グルテンフリー」という言葉を目にしない日はありません。


かつてパンやシリアルなど、グルテンを含む食品が健康の象徴とされていましたが、昨今ではグルテンフリー食品の人気が高まっています。しかし、このトレンドは私たちにとって本当に健康的なのでしょうか?


セリアック病の患者さんにとって、グルテンフリーはただの流行ではありません。これは生命維持にも関わる重要な食事法です。セリアック病はグルテンによって小腸がダメージを受ける深刻な自己免疫疾患で、そのため全米セリアック協会は「セリアック病啓発の日」を9月13日に制定しています。この日は、この病気の認識を高めるためのものです。


しかしながら、アメリカでグルテンフリーのライフスタイルを採用している数百万人の中に、実際にセリアック病を抱えている人はほんの一握りです。グルテンフリー市場の急成長にも関わらず、

本当にその必要があるのはごく一部の人々に限られるのです。

事実、2027年までにグルテンフリー製品の市場規模が436億5000万ドルに達すると予測されています。


では、なぜ多くの人がグルテンフリーを選択しているのでしょうか?その答えは、

「未診断のグルテン過敏症」にあるかもしれません。


一部の人々は、セリアック病と診断されていなくてもグルテンに対して過敏反応を示すと報告しています。

これは医学的な診断を受けていない場合が多く、自覚症状に基づいてグルテンを避ける選択をしているのです。


グルテンフリーが「健康へのショートカット」として宣伝されていますが、これは全員に当てはまるわけではありません。グルテンを含む食品を摂取しても問題ない人も多いですし、グルテンフリー食品が必ずしも栄養的に優れているわけではありません。重要なのは、個々の健康状態やニーズに適した食事選択をすることです。


グルテンフリーが健康増進の解決策として適しているのは、グルテンに対する確認された医学的な反応を持つ人々です。

健康な体を維持するためには、バランスの取れた食事、適度な運動、良質な睡眠が不可欠です。

グルテンフリートレンドに飛びつく前に、自分の体が何を必要としているのかを理解し、

必要なら医療機関の受診が大切です。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page