top of page
検索

グライダー理論: 認知機能と身体活動の微妙なバランス

健康と運動の関係についての研究が進む中で、興味深い理論が提案されています。

「グライダー理論」です。


一般的に、適度な運動は心身の健康に必要であり、認知機能の維持に特に重要であると広く認識されています。

しかし、過度の身体活動が認知症リスクを高めるかもしれないという新しい発見があります。


生活の中で認知能力がどのように衰退していくかに関する内容です。

認知能力の「開始高度」が高ければ高いほど、それがゼロに近づくまでの時間、すなわち認知症になるまでの期間が長くなる(認知症になりづらい)と提唱しています。


ここで考慮すべき重要な点は、これが単なる相関関係である可能性があるということです。

つまり、50歳以上で肉体労働に従事している人々が認知症リスクが高いとされるのは、彼らがもともと認知能力が低い可能性があるからかもしれません。

これは、肉体労働者と頭脳労働者との間で生じる潜在的な認知能力の違いに関連しているかもしれません。


しかし、スタート地点の個人差は、各個人の生活によって埋めることができます

健康的な老後を迎えるためには、身体活動の質と量を適切に管理し、認知能力をできるだけ長く維持することが重要です。

これは、適度な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠、そして知的刺激を通じて、健康寿命に対する多面的なアプローチを必要とします。

グライダー理論は、私たちの認知力が年をとるにつれて、どのように「滑空」していくかの参考になります。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page